起業家は木曜日にジム通い

毎日の日常の中で、「学者」の立ち位置って、どう思う?関係ないと言えるだろうか。「絵描き」は、あなたにとっては何なんだろう。

トップページ >

熱中して熱弁する姉妹と月夜

出張で、日光へ向かうこととても多かった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光は栃木県にあり、内陸県で、背の高い山に囲まれている。
そのことから、寒くなると雪が積もり、除雪車やチェーンなど必要だ。
秋が来ると、と東北道を使い、2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日というパーターンがとても多く、雑誌などメディアで日光が登場すると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見てほしい所だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、旅行のメインはやはり東照宮。
江戸時代に活躍した家康の墓があるところで、中の立派な様子に驚くだろう。
それから、高い山の上方に位置する日光湯元。
硫黄泉らしく、白く、熱い温泉。
この温泉に入ると冷えも治ると思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元を目指して湯治客が集まったようだ。
様子が想像できる歴史深いここ日光。
名産物の紹介も兼ねて、ツアーブックにたくさん載っているここ日光に、ぜひまた行ってみたいと思っている。

どんよりした大安の夜は友人と
「嫌われ松の子一生」という題名のテレビ番組が放送されていましたが、見ていた人もいたと思います。
わたしは、テレビは見なかったのですが、女優の中谷美紀主役で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが恵まれてるとは言えない立場にて生活しながらも、心まで悲観的になりません。
はたからみれば、幸せでないかもしれないけれど夢があります。
幸せになることについて、貪欲なんです。
とてもリスペクトを感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなると幸せになる権利はないような気がする。
なんていう、よくわからない状態だった当時の私は、観賞中、幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、一押しです。
主演の、中谷美紀は、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

息もつかさずダンスする兄弟と失くしたストラップ

少年は夜中の三時に目覚めてしまった。
夏休みに入って1週間ほど経った夏だった。
暑くて寝苦しくて寝が浅かったのだろうか。
扇風機は部屋の空気を混ぜているだけで、まったくもって涼しくならない。

眠れないし、お腹も減ったので、少年はカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、肉と野菜を取り出し、調理を始めた。
夜が明けそうな時間には、少年の家からは、芳ばしいカレーのいい匂いがしていた。

曇っている水曜の早朝は冷酒を
いつも、会社や家の事に手いっぱいで、そんなにフリーの時間が持てない。
少しばかり時間があっても、自然と次の仕事の予定など、今後の締切が心にある。
そんな状態で丸一日など休みができると、とても喜ばしい。
さて、この休日を何に使おうかと。
最終的にはほとんどが、あれもしたい、これしたい、など希望のみが募り、全部は達成できない。
特に私はゆっくりペースなので、あっと言う間に時間は経過。
時は金なり、とは正に真実だと思う。

熱中して熱弁する兄さんと草原

昨日、料理の紹介で、マックのチキンナゲットの食感をまねしたレシピというふうに紹介していました。
たいそううまそうだと思って、嫁に調理してもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの味では決してないけれどおいしかったです。
なんというか衣が心なしか違ったけれど、中は、チキンといえばチキンだから、私程度では、ちょっとの差はわからなくてすごくおいしかったです。

笑顔で吠える母さんと突風
版画やフォトといった美術が好きな方だと思うし、絵も苦手ではないのに、写真が恐ろしく苦手だ。
しかし、前は機嫌よく、オリンパスの一眼を重宝していた時もあり、どこに行くにも持ち歩いたりした。
面白いほどピントが合ってなかったり、変わった配置なので、一眼レフがガッカリしているようだった。
それは良いとしても、カメラや現像はやっぱり最高に楽しいと感じる芸術だ!

ゆったりと泳ぐ姉ちゃんとあられ雲

大学生の頃、株に好奇心をもって、買おうかと考えてたことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードに関心があったけれど、しかし、頑張って得た貯蓄があっさりとなくなるのも怖くて、買えなかった。
楽天証券に口座はつくって、貯金から動かして入れて、パソコンのボタン一つだけで買える状態に準備までしたけれど、怖くて購入できなかった。
頑張って、働いて得た貯金だから、稼いでいる人から見たら少額でも大きく減ってしまうのは恐怖だ。
けれども一回くらいは買ってみたい。

雲が多い大安の昼に目を閉じて
子供とのふれあいをとればとるほど、わが子はすごく好感をもってくれる。
一歳までは、仕事がすごく激職で、コミュニケーションをとることが少なかったため、たまに抱っこしても近寄ってくれなかった。
実の親なのにと痛ましい胸中だったが、会社の仕事が多忙だからと甘んじずに、つねに、休日に散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂に入れても泣かれないようになった。
近頃、出勤で車に行く時、私が行くことが悲しくて涙を流してくれるのが幸せだ。

雲が多い木曜の昼はお菓子作り

ベローチェでもドトールでも、いろんな場所で美味しいコーヒーを飲める。
もちろん、飲みたいときにインスタントでも手軽だし、自動販売機で買う

私が気に入っているのがスターバックスだ。
全店禁煙と言うのが、煙草の煙が無理な私にとってお気に入りだ。
よって、コーヒーの香りを楽しめる。
金額も安いとは言えないが、上質の豆が使用されているのでコーヒー好きには最高だ。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーと、ついついケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

のめり込んで走る父さんと履きつぶした靴
毎年、雨の続く梅雨の時期が気に入っている。
部屋はじめじめしているし、外出すると濡れてしまうけれど。
理由として、幼いころに、雨の日に咲いていたあじさいがきれいで、それから紫陽花が咲くのを楽しみにしている。
長崎出島にて知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧の紫陽花の中での逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人に紛れて上陸した、医師のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言う。
雨に打たれながらひっそりと咲くアジサイを見て何度も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
そのうち訛ってしまいこの花は「おたくさ」という異名を持つようになったという。

サイト内コンテンツ



Copyright (C) 2015 起業家は木曜日にジム通い All Rights Reserved.
↑先頭へ